薬剤師資格を生かした仕事や職業

薬剤師資格を生かした仕事や職業

 薬剤師資格を生かした仕事のうち、調剤・OTCなどは、よく知られているようですが、製薬会社など企業での仕事は、知らない方も多いようで、アルファベットの2〜3文字で表わされる業務が幅広くあります。

 

 調剤薬局の薬剤師、病院の薬剤師、ドラッグストア・スーパーの薬剤師、そして、MR、CRC、CRA、DM、DI、QA/QC、PMS、などの仕事があります。

 

 これらの業務内容を、順に紹介してみます。
(このページの「薬剤師のお仕事」は、薬キャリ(エムスリーキャリア)で探し易いようです。それは薬キャリが全国の薬剤師求人サイトの求人を集めているためです。)


 

【調剤薬局の仕事とその年収まで】

 

 保険調剤薬局にて、医師の処方箋に基づいての調剤、副作用や併用に際しての注意、服薬指導をおこないます。

 

 薬剤師資格を取得していなければ従事することができない、薬剤師職能を最も生かしたメジャーな職業だと言えます。

 

 最近では、寝たきり老人など在宅患者さんの家庭を訪問しての服薬指導や薬の管理指導などを行う在宅医療業務を行う調剤薬局も増えています。

 

 初期の頃は、薬剤師資格さえあれば、経験やスキルを問わず高給待遇で迎えられた時期もありました。

 

 しかし、最近ではきめ細やかなサービスやコミュニケーション能力を必要とする企業も多く、また薬価のマイナス改定により求められるスキルは高まると同時に、収入は下がる傾向にあります。

 

 勤務地域によって年収差が大きいのも、調剤薬局の特徴です。

 

【年収レンジ】約380万円〜約650万円(管理職クラス)

 

 

 ■サイト内の最も関連深いページ
 ・調剤薬局の業務と仕事
 ・薬剤師の職種別の年収

 

 

【ドラッグストア・スーパーの仕事とその年収】

 

 OTC薬品(いわゆる大衆薬)の販売を行う際の責任者となります。

 

 セルフメディケーション(自己治療)の意識が浸透するにつれ、ドラッグストア以外にもスーパーやコンビニから家電量販店まで、小売店でのOTC薬品の取り扱いは増えています。

 

 また、スイッチOTCが増えてきたこともあり、薬剤師の需要も高まっています。

 

 この間の薬事法改定により、第二類医薬品までは登録販売者資格を保有している者がいれば販売できることになり、薬剤師の需要が減るのではないかと危惧された時期もありました。

 

 しかし、登録販売者を取得するため、また取得後も適正な医薬品知識を継続して身に付けるためには、薬剤師の存在が必要不可欠であり、また他社との差別化のために第一類医薬品を常備する小売店も出てきており、結果的に薬剤師は安定して採用されている状況にあります。

 

 調剤薬局と並び、ドラッグストア等の小売店は薬剤師の勤務先としてメジャーですが、ほぼ365日・夜遅い時間までシフトによっては勤務しなければならないことなど、体力を要す仕事です。それに比例し、年収は高めに設定されているのが特徴です。

 

【年収レンジ】約400万円〜約750万円(管理職クラス)

 

 ■サイト内の最も関連深いページ
 ・薬剤師の職種別の年収相場

 

 

【病院薬剤師の仕事とその年収まで】

 

 調剤薬局と同様に、外来患者に対し、医師の処方せんに基づく調剤、服薬指導、薬歴の管理等を行うと同時に、入院患者さんの病床へ出かけ、直接患者さんに対して服薬指導や副作用についてのチェック、注射薬の管理などを行います。

 

 さらに、処方せんを出す医師との距離が近いことも調剤薬局との大きな違いで、薬についての様々な情報を収集し、医師に提供する医薬品情報活動、医師が適切な投与量を判断するために、投与している薬の成分について血液中の濃度の測定なども行います。

 

 医師や他の医療スタッフと供に入院患者さんの病床に出かけ、薬剤師が直接患者さんに対して使用している薬についての服薬指導を行ったり副作用のチェックなどを行う臨床活動も活発になり、チーム医療の一員として活動しています。

 

 勤務先の病院によりますが、カンファに参加することも可能です。勤務先により、専門薬剤師の資格を取得することも可能です。働きながら専門性を高めることのできる職種と言えます。

 

 一方で救急なら夜勤当番があること、調剤薬局等に比べて給料が低水準であること等、待遇面では良いとは言えない部分も多くありますが、薬剤師という資格を最大限生かすことのできる職場でもあるため、人気も高く狭き門となっています。

 

【年収レンジ】約300万円〜約600万円(管理職クラス)

 

 

 ■サイト内の最も関連深いページ
 ・病院薬剤師の業務・求人
 ・薬剤師の職種別の年収相場

【MRの仕事とその年収まで】

MRとは、医薬品メーカーの医薬情報担当者(Medical Representative)のことです。

 

 古くは、MRが医薬品の価格にタッチしていた時期、医薬情報担当者は情報を提供する人としてよりは、営業職としての色合いが強く、情報よりも売上げを重視する傾向がありました。

 

しかし1991年の流通改革で、価格の決定権が卸業者の手に渡ったことにより、MRは本来の医療品情報の提供と収集に専念することができるようになりました。

 

 しかし、もやはり営業職としての側面は依然として残っています。MRの平均年収はかなり高い水準にありますが、その分だけ、売上を伸ばすことも求められるようです。

 

 MRは、かならず薬剤師資格を必要とする職種ではありませんが、医師と対等に会話ができる豊富な医療知識が必要とされます。

 

 さらに近年では業界の自主認定試験である、MR認定資格を取得しなければ訪問のできない医療機関も多いことから、薬剤師にとって有利な仕事と言えます。

 

 MRは製薬会社に在籍し、その企業の医薬品を紹介するメーカーMRの他、外部受託会社(CSO)に在籍し、プロジェクトに応じて出向するコントラクトMRがあります。

 

 コントラクトMRは、製薬会社にとっては人件費を削減でき、MRにとっても様々なメーカーの様々な製品を扱う機会が持てることから、近年需要が高まりつつあります。

 

【およその年収は】約400万円〜約1000万円

 

(このページの「薬剤師のお仕事」は、薬キャリ(エムスリーキャリア)で探し易いようです。それは薬キャリが全国の薬剤師求人サイトの求人を集めているためです。)

 

(注記)MRとは?(フリー百科事典のウイッキペディアによる)

 

 医薬情報担当者(medical representative、MR)とは、医薬品の適正使用のため医療従事者を訪問することなどにより、医薬品の品質、有効性、安全性などに関する情報の提供、収集、伝達を主な業務として行う者のことを指す。

 

 多くのMRは製薬会社に所属し、自社の医療用医薬品情報を医師をはじめとする医療従事者に提供し、実際に使用された医薬品の副作用情報を収集し製薬会社にフィードバックすることを主な業務としている。

 

 かつてはプロパー(宣伝者という意味の propagandistプロパガンディスト に由来)と呼ばれており、MRは製薬業界における、医療従事者相手の営業職にあたる。

 

 ただし他業界の営業職とは異なり、営業活動の中心は医薬情報の提供や、集めた副作用情報のフィードバックが主であり、医薬品の販売促進活動ではない。

 

 MRには、高い倫理観に基づき、患者の立場から「薬物治療のパートナー」として医療従事者と共に医療の一端を担い、社会に貢献することにあることが求められている。

 

 日本では単に製薬会社の営業職という見方が強いが、欧米では医療チームの一員と認識されている。

 

 ■サイト内の最も関連深いページ
 ・MRで転職するには
 ・薬剤師の職種別の年収相場

 

 

 ■MSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)

 

 MSLは、KOL(キーオピニオンリーダー)に対して、医学・科学的なエビデンスや高度な専門知識をもとに、医薬品の情報提供を支援する新しい職種です。

 

 製薬企業の営業職にあたるMR(医薬情報担当者)の人数が大きく減少する一方で、急速に存在感を増している新しい職種です。

 

 医師に対して医薬品の情報を提供するというと、「MRと何が違うのか?」と思われるかもしれません。

 

 MRは、営業やマーケティング部門に組織されていますが、MSLは安全性情報室に類する組織に所属している点で、役割が大きく異なります。

 

 MSLの役割は、「売上高を追わず、医師に薬剤や疾患などの専門知識を説明する」ことにあるということです。

 

 MSLの主な業務は、KOLのマネジメントや医師の研究対応、論文投稿や臨床研究支援など多様にありますが、特にKOLのマネジメントと臨床研究支援が重要な業務となっています。

 

前者の業務は、KOLに対して最新の医学・薬学情報をタイムリーに提供するだけではなく、新しい治療方法や医薬品の適正使用についてKOLと議論するなど、KOLの医療活動を支援します。

 

また、新薬の上市段階では、多くのKOLと良好な関係を構築し、学術的観点から有効性を説くことで、スムーズに市場に新薬を導入できるように活動します。後者の業務では、自社の開発部門と情報を共有しながら臨床試験施設の支援を行います。

 

これらの業務を遂行するために、MSLは高度な専門書や論文を読み解く知識、英語力、さらにKOLとの議論や情報交換をするための高いコミュニケーション能力が求められるのです。

【CRC、CRAの仕事とその年収まで】

 ■CRC

 

 CRC(Clinical Research Coordinator)とは、別名「臨床治験コーディネーター」のことで、一般にコーディネーターとも呼ばれます。

 

 医療機関治験実施施設支援機関(SMO)に所属し、治験責任医師の指示のもと、治験患者に対しての治験の説明やスケジュールの管理、各種データの収集・管理を行ないます。また、被験者の心理的なサポートも主要業務になります。

 

 CRCは専門的な能力が要求されます。そのため一定期間の研修などを受けることで、各治験支援機関から認定資格を受けられるようになっています。

 

【年収レンジ】
 約400万円〜約1000万円超(プロジェクトマネージャーなどの役職クラス)

 

 ■CRA

 

 CRA(Clinical Research Associate)とは、臨床開発モニターとも呼ばれ、医薬品開発に必要な治験が、法律や計画に基づいて実施されているか、収集されたデータが正確かつ信頼性あるものなのかを確認し、実施される治験のクオリティをどれだけ高い状態で保証するのかを担う職種です。

 

 薬剤師資格が必須の職種ではありませんが、治験実施医療機関のスタッフとの折衝が多くなるため、医療従事者と同様の高度な知識と倫理性を求められますので、薬剤師に有利な仕事と言えます。

 

 製薬メーカーに在籍する他、医薬品開発業務受託機関(CRO)、治験実施施設支援機関(SMO)といった外部受託機関に在籍し、プロジェクトに応じて出向するCRAも多く存在します。

 

【年収レンジ】
 約400万円〜約1000万円超(プロジェクトマネージャー等役職クラス)

 

 

 ■サイト内の最も関連深いページ
 ・薬剤師の職種別の年収

【DM、DIの仕事とその年収まで】

 ■DM

 

 DM(Data Management)とは、治験や臨床試験で回収された症例報告書(CRF)のデータ入力・チェック・修正を行い、データに問題があった場合はCRAに調べ直させるといった、症例を管理する職種です。

 

 CRAが回収してきたデータを絶えずチェックしながら入力・解析をおこないますので、大変神経を使う仕事です。

 

【年収レンジ】約400万円〜約600万円

 

 ■DI

 

 DI(Drug Information)とは医薬品情報管理のことで、製薬企業等のお客様相談室で、薬剤師、医師、および一般の方に安全情報や関連文献などの最新で正しい医薬品情報をアドバイスする業務です。

 

 具体的には文献検索、資料作成、電話等での問い合わせ対応等を行います。

 

メディカル関連企業からDI業務を請け負った、受託機関から派遣される形での雇用が多いようです。

 

 薬剤師資格が必須の職種ではありませんが、必要とされる知識は医薬品から医療関連の法制度まで幅広く、薬剤の知識を予め習得している薬剤師、特に治験やMR等の職業についていた方には有利な職種です。

 

 また加えて高度なコミュニケーション能力が必要とされますが、受託機関では専門の研修を設けており、コミュニケーション能力を体系的に身につけることができるようになっています。

 

【年収レンジ】約350万円〜約700万円(スーパーバイザー等役職クラス)

 

 

 ■サイト内の最も関連深いページ
 ・薬剤師の職種別の年収

【QA/QC、PMS の仕事とその年収まで】

 ■QA/QC

 

 QAは、電機や自動車の製造メーカーでも良くある業務の1つですが、日本語では品質保証ですね。薬剤師の場合は、イメージが少し違いますね。

 

 具体的には、治験の実施、データ作成、文書化(記録化)、文書保存、及び治験の報告がGCPや適用される規定用件を満たしているかを保証するために設定され、行われる活動全般のことを指します。

 

 QCとは、品質管理と訳されます。

 

 QAの活動の中に含まれる活動で、治験の質を検証するために行われる品質管理活動全般のことを指します。

 

【年収レンジ】約450万円〜約600万円

 

 ■PMS

 

 PMSは、市販後調査を差します。

 

 この市販後調査とは、新薬の発売後に医薬品メーカーが行う調査のことで、医薬品の有効性や安全性を確認すると共に、治験では得られなかった医薬品の適正使用についての情報収集・提供が目的となります。

 

 市販後の臨床現場では、治験からは予測されなかった副作用等が発生する危険性があるため、製薬メーカーには市販後調査を含め、何種類かの調査を実施することが義務付けられています。

 

 薬剤師資格が必須の職種ではありませんが、医薬品や薬学についての専門知識習得が必須になります。

 

 また加えて高度な事務処理能力、また近年では語学力を求められるケースも増えているようです。

 

【年収レンジ】約450万円〜約600万円

 

 

 ■サイト内の最も関連深いページ
 ・薬剤師の職種別の年収相場

 



(このページの「薬剤師のお仕事」は、薬キャリ(エムスリーキャリア)で探し易いようです。それは薬キャリが全国の薬剤師求人サイトの求人を集めているためです。)

 

薬剤師であればできる仕事・取得できる資格

【補足事項】 薬剤師であればできる仕事、取得できる資格には、次のようなものがあります。

 

◆毒物劇物取扱責任者

 

 毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号)の定めに基づき、毒物や劇物の製造・販売などを行う事業所でそれらによる保健衛生上の危害の防止に当たる者をいう。

 

 この法律において、毒物劇物営業者と要届出業務上取扱者は、毒物劇物を取扱う施設ごとに毒物劇物取扱責任者を置き、その者を届け出ることを義務づけられている。

 

 つまり、毒物劇物を製造したり、輸入・販売する会社は、その各事業所ごとに、毒物劇物取扱者の中から専任の責任者を置き、毒物劇物による保険衛生上の危害の防止に当たる必要があります。

 

◆麻薬管理者

 

 麻薬管理者は麻薬を使って診療している施設で麻薬を管理することができる。医師、歯科医師、獣医師、薬剤師は、この資格の要件を満たしています。

 

◆薬事監視員

 

 行政警察活動として、薬事法に規定された職務及び医薬品や医療機器等に関する指導を行う官吏及び吏員のことである。

 

 主に薬務課や保健所に所属し、医薬品の検査等の指導及び教育を行っている。医師、歯科医師、獣医師、薬剤師は、この資格の要件を満たしています。

 

◆向精神薬取扱責任者

 

 向精神薬取扱責任者は、向精神薬営業所において向精神薬を保管・管理を行う。申請資格は、薬剤師、その他向精神薬を取り扱うにつき必要な知識経験を有する者として政令で定める者である。

 

◆第一種衛生管理者、衛生管理者

 

 労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする。一定規模以上の事業場については、衛生管理者免許等、資格を有する者からの選任が義務付けられている。

 

 第一種衛生管理者免許は、保健師、薬剤師等の一定の資格を有する者に無試験で与えられる。

 

◆食品衛生管理者

 

 食品衛生管理者は、食品衛生法により、対象の食品を製造・加工する業種に配置することを義務づけられた、厚生労働省が管轄下の国家資格である。

 

 医師、歯科医師、薬剤師又は獣医師の要件を満たす者は、食品衛生管理者となることができる。

 

◆食品衛生監視員

 

 食品衛生監視員は、行政警察活動として、食品衛生法に規定された職務及び食品衛生に関する指導を行う技術系公務員である。

 

 主に国の検疫所と地方自治体の保健所に所属し、食品の検査や食中毒の調査、食品製造業や飲食店の監視、指導及び教育を行っている。通称「食監(しょっかん)」と呼ばれる。

 

 医師、歯科医師、薬剤師又は獣医師の要件を満たす者は、食品衛生監視員となることができる。

 

◆環境衛生指導員

 

 環境衛生指導員は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び浄化槽法の規定に基づき、事業者、廃棄物処理業者、廃棄物処理施設等への立入検査や廃棄物の処理の指導に関する職務を行う者をいう。

 

 医師、薬剤師又は獣医師の要件を満たす者は、資格をとることが出来る。

 

 

 ■サイト内の最も関連深いページ
 ・企業内薬剤師の求人募集から見たその業務

 




 
札幌へ転職 仙台へ 東京へ 横浜へ 名古屋へ 京都へ 大阪へ 神戸へ 広島へ 福岡へ