管理薬剤師になるには(その資格は)

管理薬剤師の資格

 

 特に、資格や試験があるわけではなく、薬剤師資格があれば、誰もがなれます。 しかしその業務は、薬剤師としての知識の他に、管理薬剤師と業務のページに書きましたように、主な「管理」業務として、従業員の監督と医薬品の管理があります。このため業務全般について通じている以外に、管理者としての信頼のおける人格が求められるでしょう。

 

 薬を扱う「薬局やドラッグストア」を開設するためには、薬事法の規定により、管理薬剤師のいることが必要です。(名前貸しなど重複は出来ず)このため、全国の「薬局やドラッグストア」と同じ数の管理薬剤師が必要となり、チェーン店などの店舗が急激に増え続けている現在、多くの求人があります。



薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

 

管理薬剤師になるには

 

女性の薬剤師画像

 管理薬剤師なるためには、薬事法や薬剤師法などの法律知識や、「調剤薬局」などの場合は、医療事務、レセプト、医療保険に関する知識も必要になります。

 

 また、一般的には「3年以上の経験が望ましい」と言われており、管理薬剤師が薬局長を兼ねることが多いようです。

 

 従業員の監督と医薬品の管理が重要な仕事のため、「保険薬局」、「調剤薬局」、「ドラッグストア」など営業形態に応じて業務全般についての、しっかりした経験と十分な知識や、管理者としての信頼のおける人格や適性が求められるでしょう。

 

 管理薬剤師の業務の中には、「薬局やドラッグストア」の医薬品の管理設備の不備や、薬事法に違反する効能をうたう「キャッチコピー」説明文や宣伝文などと、何らかの問題があった場合、経営者(オーナー)に対して、改善するよう意見具申、助言することも、業務のひとつとして、書かれています。

 

他の従業員に薬剤師がいれば、指示して管理すればよいのですが、管理薬剤師一人でやり繰りする「薬局やドラッグストア」などでは、業務が大変な場合も出てきます。管理薬剤師の業務には、医薬品の管理があり、不良品や不正表示品(有効期限切れ、表示不備品)を発見し、処分する最終責任が含まれて来ます。

 

 また、「薬の伝票整理」とか「棚卸し」をやった時の最終チェック管理や、「薬情※の説明文」が正しいかどうかなどの最終チェック管理など、かなり長い時間を取られると思われます。(※薬情:調剤薬局で薬をもらう時に、薬の写真、薬の名前や用法・用量などが書いた紙)

 

 

管理薬剤師になる人の適性

 どうも管理薬剤師には、向き、不向きの適性もあるようです。これは、ある薬局経営者の視点からの見方です。

 

 「管理薬剤師にすぐ抜擢される人といつまでも管理薬剤師になれない人の違い、それは、薬学的知識の差ではなく、薬局の管理能力や任せて安心という総合的な能力の差である」と直言しています。やっぱり、一般の会社組織と同じように、この人に任せておけば安心という信頼感と管理能力が重要なのでしょう。

 

 さらに「管理薬剤師に抜擢される方は、新卒で入社してもすぐに声がかかります。数ヵ月後にはすぐに管理薬剤師になるケースもあります。 一方で、20代後半になっても一度も管理薬剤師の声がかからない方もいます。」とも言っています。

 

 一般論的に言ってしまえば、薬局の規模が小さいため、「薬剤師不足なので(適性はさておき、)とりあえず管理薬剤師を任せる」 場合もあり、企業規模が大きいため「能力があっても管理薬剤師まではなかなかなれない」 ということも起きるようです。

 

 しかし、ある程度の規模の薬局なら、「3〜5年すれば転勤や人の入れ替わりがあり、能力がある人にはたいてい管理薬剤師をやって欲しいと声がかかる」と、この経営者は言っています。このため、なかなか声がかからない人も、専門的な知識ばかりでなく、「人格的な魅力や管理者への能力を磨いておく必要がある」と思います。

【企業内管理薬剤師について】

 

  一般企業や製薬会社で働く薬剤師、MR(医薬情報担当者、Medical Representative)は、高い賃金で知られていますが、医師や医療関係者への適正情報の提供、薬効や副作用等についての情報伝達など、お医者さん相手の営業職が中心です。

 


(注記) 【MRの仕事】

 

 MRの仕事は医療機関を訪問して、

 

●自社の医療用医薬品(医師の処方せんによって使用される医薬品)とその関連情報を医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ること、

 

●使用された医薬品の効き目や効果的な使い方(有効性情報)や副作用など(安全性情報)を、医療の現場から収集して企業に報告すること、

 

●医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバックすること

 

 などを主な業務としています。


 

 MRは薬剤師資格を必要とする職種ではありませんが、医師と対等に会話ができる豊富な医療知識を必要とされます。

 

 さらに近年では業界の自主認定試験である、MR認定資格を取得しなければ訪問のできない医療機関も多いことから、薬剤師にとって有利な仕事と言えます。

 

 (MR認定資格を得るには、公益財団法人「MR認定センター」で、MR認定試験を受けて、MR認定証をもらう)

 

 MRは製薬会社に在籍し、その企業の医薬品を紹介するメーカーMRの他、外部受託会社(CSO)に在籍し、プロジェクトに応じて出向するコントラクトMRがあります。

 

 コントラクトMRは、製薬会社にとっては人件費を削減でき、MRにとっても様々なメーカーの様々な製品を扱う機会が持てることから、近年需要が高まりつつあります。

 

 さて、MRの話題はこれくらいで終わりにして、企業内にも、「管理薬剤師」という仕事があるのでしょうか。

 

 法規上、製薬会社、医薬品卸業の会社などでは、薬事法に規定された「管理薬剤師」の設置が義務付けられています。このため、企業内管理薬剤師の求人があり、品質管理業務、それに付随する試験業務などで、募集が見受けられます。

 

 ●「MRになるには」については、「MRで転職するには」ページに詳しく書き出しました。

 

 ●企業における(管理)薬剤師の業務内容については、「求人募集から見た、企業内薬剤師のその業務内容」のページに、多くの例を書き出しました。

 

  「管理薬剤師の求人数が多いサイト・ランキング」へ戻る

 




薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

 

 
札幌へ転職 仙台へ 東京へ 横浜へ 名古屋へ 京都へ 大阪へ 神戸へ 広島へ 福岡へ