専門薬剤師とは

専門薬剤師制度とは

 専門薬剤師は、医師の負担を分散し安全で安心できる薬物療法を提供することを最大の目標とし、2008年に、日本学術会議薬学委員会専門薬剤師分科会が、専門薬剤師制度のあるべき姿を学術的・客観的立場から検討を加え提言をまとめた。

 

【専門薬剤師と認定薬剤師との違い】

 

 認定薬剤師が、「各医療機関 において質の高い業務を実践していることが認められた者」

 

 に対して、

 

 専門薬剤師は、 それに加えて、「他の薬剤師に対する指導的役割を果たし、研究活動等についても行うことができる能力を有することが認められた者

 

 をいう。(出典は、日本病院薬剤師会 専門薬剤師・認定薬剤師認定制度規程の総則)

 

 別の表現で言えば、現在、専門薬剤師より上の立場の薬剤師はいないため、「専門薬剤師はいわば、薬剤師の頂点といえる資格」と言えそうです。

 

 

一般社団法人日本医療薬学会が、認定するもの。

 

がん専門薬剤師

 

 がん薬物療法の専門薬剤師。「医療法上広告ができる専門性資格」としては初めてのものと言う。

 

 がん領域における薬物療法等についての高度な知識と技術を用いて質の高いがん薬物療法を医療チームの一員として提供する事を目的としている。

 

 当初は日本病院薬剤師会が認定機関となり、がん専門薬剤師認定試験に合格する等の申請資格が必要とされたが、2010年より、認定機関は日本医療薬学会に移管された。(ここまでの引用文献:Wikipedia)

 

薬物療法専門薬剤師

 

 日本医療薬学会が実施する薬物療法専門剤師認定審査に合格した者をいうが、認定申請に、必要となる主な資格や要件に、高いハードルがあります。

 

 その一部を紹介しますと、

 

 ・薬剤師としての実務経験を5年以上有すること。
 ・日本医療薬学会が認定する薬物療法の講習を5年間で50単位以上履修していこと。
 ・自ら実施した5年間の薬剤管理指導の実績50症例(4領域以上疾患)を提出する。

 

などがあります。

 

 以上の認定薬剤師の詳細、資格申請条件などについては、日本医療薬学会の公式サイトで確認下さい。

 

 

一般社団法人日本病院薬剤師会が、認定するもの。

 

感染制御専門薬剤師

 

精神科専門薬剤師

 

HIV感染症専門薬剤師

 

妊婦・授乳婦専門薬剤師

 

 以上の認定薬剤師の詳細、資格申請条件などについては、日本病院薬剤師会の公式サイトで確認下さい。

 

 

認定専門指導者(専門薬剤師)

 

 特定非営利活動法人「日本禁煙学会」が認定

 

栄養サポート(NST)専門薬剤師

 

 「日本静脈経腸栄養学会」が認定

 

 

「管理薬剤師の求人数が多いサイト・ランキング」へ戻る

 

【一番関連の深いページ】
  認定薬剤師とは?

 




薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」


 
札幌へ転職 仙台へ 東京へ 横浜へ 名古屋へ 京都へ 大阪へ 神戸へ 広島へ 福岡へ