管理薬剤師とその業務(法規)

管理薬剤師とその業務

 

 管理薬剤師の責務の内容は、

 

まず、本来の薬剤師としての「情報提供」業務と「管理」業務としての従業員の監督、医薬品等の管理が あります。

 

また、その他の業務などが挙げられます。

 

 これは、「厚生労働省の管理薬剤師等の責務の内容について」に、詳細に書かれています。

 

 1.薬局における責務、2.一般販売業の店舗における責務、3.薬種商販売業者責務の内容の3項に渡って、非常に細かく決められていますが、中身は3項とも、ほとんど同じ内容です。

 

 最初の「情報提供」業務とは、「管理薬剤師自ら行うか又は他の薬剤師に行わせること」とされていて、主に

 

(1) 購入者の顔色等を見ながら、購入者の求めている医薬品が、不適当ではないかどうか判断。

 

(2)  医薬品を適正に使用するための服薬指導、情報提供を実施

 

(3)  医薬品の購入者ごとに提供すべき情報の範囲を判断

 

(4)  医薬品の購入者から、医薬品副作用の苦情や相談を受付

 

(5)  一般用医薬品で対応できないと判断した場合、医療機関への受診を勧める

 

(6)  コミュニケーションを通じ、副作用相談など、購入者のアフターケアを実施

 

がある。

 

 

「管理」業務は、従業員の監督と医薬品の管理の2つがあります。具体的には、

 

従業員の監督とは、主に

 

(1) 管理薬剤師以外の薬剤師、薬剤師以外の従業員が、適切に業務を行っているかどうか、例えば、接客、法令遵守、情報提供の適否などの監督。
そして

 

(2)薬学の専門的な知識が必要な事例等、従業員等ができない場合への対応

 

がある。

 

医薬品等の管理とは、主に

 

(1)店舗内の医薬品、その他の物品等(医薬部外品、化粧品等)を適正に管理。

 

(2)医薬品と他の物品等(医薬部外品、化粧品等)を区別して貯蔵、陳列 。

 

(3)医薬品等が不良品とならないように、遮光、冷所等、適正な保管 。

 

(4)設備の不備等、問題があった場合、開設者に改善するよう意見具申。

 

(5)不良品、不正表示品(例;有効期限切れ、表示不備品等)を発見し、処分 。

 

などがある。

 

また、その他の業務として、
(1) 必要な情報が常に入手、活用、提供できる体制を整備。
(2) 緊急安全性情報等、医薬品の有効性・安全性情報を収集。
(3) 厚生労働省への副作用情報の報告

 

などが挙げられる。

 

 実務上の具体的な仕事内容については、管理薬剤師になるには(資格)のページの方に、多少ながらですが、書きました。

 

  「管理薬剤師の求人数が多いサイト・ランキング」へ戻る

 




薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

 

 
札幌へ転職 仙台へ 東京へ 横浜へ 名古屋へ 京都へ 大阪へ 神戸へ 広島へ 福岡へ