薬剤師のキャリアチェンジへの道

薬剤師のキャリアチェンジへの道

 【本ページと一番関連の深いページ】薬剤師の職場・仕事別の年収相場

 

 「これまでのキャリアを活かして年収アップをしたい、調剤は一通り覚えたので、そろそろ違う仕事にチャレンジしてみたい」など薬剤師の人なら一度は考えたのではないでしょうか。

 

 薬剤師の資格を活かした活躍の場所は、調剤薬局・病院だけではありません。薬剤師の人には、「企業」という新たな世界でチャレンジして見たいなど、夢を広げていくチャンスが多くあるようです。

 

 製薬メーカー、CRO(医薬品開発業務受託機関: Contract Research Organization ) 、SMO(治験施設支援機関:Site Management Organization)、化粧品・健康食品メーカー、医療機器メーカーなどと、幅広いフィールドでそれぞれのやりがいを見つけて活躍する薬剤師の人も多数いるようです。

 

 さて、このページでは、薬剤師の資格を活かした企業内業務には、どんなものがあるのかを調べて見ました。

 


(本記事は、薬剤師の転職サイトである、メディカル・プラネットの「キャリアチェンジへの道一覧 → 薬剤師のキャリアチェンジ」のページを参考にしています。)

 

 

DI(ドラッグインフォメーション):製薬メーカー

 

 医療従事者(医師・薬剤師・看護師・MS等)に対し、FAQや書籍、文献という様々な情報から製品に関する情報提供を行う。

 

 更なる顧客満足という観点と2005年の薬事法改正において、市販後安全対策が大きく改正されたことに伴い、注目されている業務となっている。医科向け医薬品の専門知識を身につけることができる。

 

 学術・ドラッグインフォメーション(DI)については

 

学術職は、大手国内系企業においてはマーケティング部や営業部に所属し、製品に関する有用情報を提供するといった専門性の高さから、領域に特化していることが必須要件となってきます。

 

 DI(ドラッグインフォメーション)については、敷居が高いことはなく、

 

特に外資系企業においてアウトソーシング化傾向にあるため、職種未経験の方であっても大手メーカーで就業するチャンスがあるという。

 

数年のキャリアを積んで製薬メーカーへの転職を成功させている例もありますので、タイミングを含めて考えることがポイントとなります。

 

企業の規模によっては未経験でもポテンシャルの高い方が採用されることもありますので、数年の経験の後には更に次のステップに進むチャンスとなります。

 

 

管理薬剤師:製薬メーカー、化粧品メーカー、健康食品メーカー、商社

 

 薬事管理、市販後調査、品質管理、商品管理、DI業務、MR・MS教育、GMP管理業務、製造管理及び製造技術開発、品質管理業務まで、企業規模により業務内容が異なる。

 

 大手製薬メーカーでは、社内薬剤師の数が多く、社内公募で欠員補充ができるため、求人数が極端に少ないが、中小メーカーや化粧品、健康食品関連では未経験でもチャレンジできることが多い。

 

 

管理薬剤師(製造責任者業務):医療機器、用具メーカー

 

 工場における医薬品管理者としての業務 ・原料の受け入れ ・生産工程の管理、抜き取り作業 ・完成品の出荷、GMP管理。

 

臨床開発モニター(CRA):製薬メーカー、CRO

 

 各医療機関で臨床試験が実施される場合に、臨床試験が適正に行われているかどうかを監視、確認する為に訪問する担当者の総称である。

 

治験担当医師に対する詳細説明や治験進行中のモニタリングのほか治験データの回収を主な仕事とする。

 

治験コーディネーター(CRC):SMO(治験施設支援機関)

 

 臨床試験実施にあたり、臨床試験が適正に行われているかどうかを監視、確認する為に訪問させる担当者。

 

 治験担当医師の指示のもとで、医学的判断を伴わない治験業務の支援を行う専任スタッフ。

 

 インフォームドコンセントの取得、被験者の心のケアなどの、医学的判断を伴わない被験者に係わる業務や、担当している治験実施施設の治験進行状況や症例報告書のデータの内容を把握するために、治験の準備や実施、同意取得に関する業務、事務的業務、治験に携わるチーム内の調整を行う。

 

 

データマネジメント(DM):製薬メーカー、CRO

 

 プロトコルの検討段階から、症例報告書(CRF)の様式を作成するデータ収集の手順を確立する。

 

 治験の実施においては、的確性判定管理、治験進捗管理を実施。また、CRA(モニター)支援の立場に立って、症例報告書のチェック、データ入力管理、誤記チェックを実施し、治験データの品質を確保するため、仕事の大半は文書、記録作成となる。

 

 単なるデータ入力に留まらず、絶えず誤りがないかをチェックして報告書の信頼性を高める重要な任務。

 

薬事:製薬メーカー、化粧品、健康食品、医療機器メーカー、化粧品、健康食品、医療機器輸入

 

 医薬品/医療用具の製造/輸入承認申請書作成、製造業、輸入販売業業態許可の新規取得、更新、変更申請書作成、官公庁への申請書提出サポート及びフォロー、新薬の承認申請及び承認取得関連業務を主な業務とし、非常に戦略的な位置付けを持つ。

 

 大手製薬メーカーでは、キャリアが重視されるため、未経験でのトライは難しいが、中小メーカーや化粧品、健康食品、医療機器関連では未経験でもチャレンジできることが多い。

 


(本記事は、薬剤師の転職サイトである、メディカル・プラネットの「キャリアチェンジへの道一覧 → 薬剤師のキャリアチェンジ」のページを参考にしています。)

 

■サイト内の関連ページ

 

 ・薬剤師の仕事(職種)と年収相場


 
札幌へ転職 仙台へ 東京へ 横浜へ 名古屋へ 京都へ 大阪へ 神戸へ 広島へ 福岡へ