病院薬剤師の業務内容から求人

病院薬剤師の業務内容から求人

 一般的には給与が安く仕事もハードと言われる病院薬剤師の人気が高いのはなぜでしょうか?

 

 それは、「医薬分業による病院薬剤師の役割の変化」により、入院患者への投薬業務に特化できるなど、医療現場に深く関わる機会が増加したため、より仕事のやりがい度が高くなったこと。そして、様々な制度の充実、福利厚生の充実など病院で働くことのメリットが言われています。

 

 現在、病院薬剤師は減少傾向にあり、調剤薬局やドラッグストアで働く人が増えていますが、病院ではより高い専門性を持った薬剤師が必要となってきています。

 

 長い将来を見れば、教育体制がしっかりした病院や 病院薬局で働くことで、より高いスキルを習得して、安定感のある就業が可能になります。

 

 人気が高いと言われる病院薬剤師のため、病院薬剤師求人数は調剤・ドラッグストアと比べると大変少なく、採用のハードルも高いようです。
(出典:病院の求人案件が豊富な「ファーマ人材バンク」

 

 勤務先の病院の規模や状況によって業務内容もそれぞれ異なるようですが、次のような種類に分けられます。

 

【調剤(外来調剤/入院調剤)】、【服薬指導】、【注射剤/混注剤の調剤】、【 TDM(薬物治療モニタリング)】、【 DI 】、【薬品管理】、【薬暦管理】です。

 

 それでは、その1つ1つを少し詳しく紹介して書いて見ます。

 

【調剤(外来調剤/入院調剤)】 :

 

 来院された患者さん向けの外来調剤業務と、入院患者さん向けの入院調剤業務があります。

 

それぞれ医師の発行する処方せんの内容を確認し、その内容に基づいて薬の飲み合わせ・副作用・量・飲み方などのチェックを行い、
患者さん1人1人に適した形で調剤します。
また、必要に応じて病院独自の製剤も行います。

 

【服薬指導】 :

 

 患者さんが薬を正しく使えるように、お渡しする薬の効果・使い方・注意点などを説明します。

 

そしてそのための、患者さんにあわせた副作用のチェックも行います。

 

また薬剤管理指導業務(主に投薬以後における患者に対する業務)と呼ばれる病棟専任薬剤師の業務では、
医師や看護師などと連携(チーム医療)をとりながら、患者さんに薬の情報提供をします。

 

その際に、薬物治療の進行状況を客観的なデータを収集した上で患者に伝え、
患者からの薬に関する相談や質問にも応じます。
入院中の患者への服薬指導は、患者1人につき30分位かかる場合もあります。

 

【病棟専任薬剤師について】 :

 

 2012年4月の診療報酬改訂によって、薬剤師の病棟常駐によるチーム医療貢献に保険定数がつきました。
慢性的な医師不足や医師への過剰な医療責任が課せられている状況を考えると、薬剤師に求める能力に変化があるようです。

 

 病棟薬剤業務実施加算とは、勤務医の負担軽減等の観点から薬剤師が病棟業務を恒常的に
実施している場合に診療報酬として請求することができます。

 

 病棟専任薬剤師の業務は、

 

病棟薬剤業務 :主に投薬前における患者に対する業務、医薬品の情報及び管理に関する業務、医療スタッフとのコミュニケーション

 

薬剤管理指導業務 :主に投薬以後における患者に対する業務

 

の2つに分類されます。

 

 病棟での業務を行う上で、コミュニケーション能力が重要となります。入院患者の気持ちや感情に耳を傾け、
こちらの意図を上手に伝える能力が必要です。
また医師や看護師などの医療チームとのコミュニケーションを通じて綿密な連係が求められます。

 

 これから病棟薬剤師の存在はこれまで以上に注目をされ、病院においても医療スタッフの一員として、
大変やりがいのある仕事とされています。

 

 注記)「病棟専任薬剤師」については、「薬剤師の病棟業務の進め方」(日本病院薬剤師会)を参照して下さい。

 

【注射剤/混注剤の調剤】 :

 

 医師の発行する処方せんの内容について、投与量・経路・速度・期間などのチェックを行い、注射薬の調剤を行います。

 

注射剤は作用が強いものが多く、混合を含めて無菌調剤室(クリーンルーム)にて調剤が行われます。

 

 注射薬の中には混合すると濁ったり薬の効力が落ちることもありますので、これも事前に確認して調剤する必要があります。

 

 また病院によっては、抗がん剤やTPN(高カロリー輸液)調剤を行なっているところもあります。
消毒薬、院内製剤および市販されていない特殊な薬品の製造・供給を行っている大学もあります。

 

【TDM(薬物治療モニタリング)】 :

 

 薬物が有効に働き、かつ副作用が出ないようにするために、患者さんにとって最も安全で効果的な
薬物療法を医師とともに組み立てることをTDMと言います。

 

 患者さん個々人によって血中濃度は異なるため、その解析した血中濃度データ情報にもとづいて
患者さん個人別の薬物投与計画の検討し、薬物治療に活かさなければなりません。

 

 これは、特に「さじ加減」の難しい薬(けいれんを止める薬、抗生物質、臓器移植に用いる免疫抑制剤など)を投薬する際に行われます。

 

【DI(Drug Information)】 :

 

 病院内にある医薬品情報センター(DIセンター)では、新たに発見された医薬品の副作用や効果効能などの情報も含めて、
医薬品の情報を収集・整理・保管するとともに、その医薬品情報の専門的評価を行います。

 

 最新の情報をできるだけ早く医師や看護師に提供することが、患者さんへのより良い薬物療法のために
役立ててもらうことにつながります。

 

 病院によっては、定期刊行物などを通じて能動的に情報提供を行ったり、薬剤師の臨床業務への支援を実施したり、
院内活動への参画を行ったりしています。

 

 また、日常的に医師をはじめとする看護師や病院内で働くスタッフからの問い合わせに対応する質疑応答業務にも対応します。

 

【薬品管理】 :

 

 病院内で使用されるすべての医薬品に関することを把握し、各部署への供給・在庫の保管といった一貫した医薬品の管理を行います。

 

 特に薬の品質の管理(温度、湿度、光)には万全を期す必要があります。
また、麻薬、覚醒剤原料、向精神薬などの法的な管理も行います。

 

 さらに血液を原料とする医薬品については、製造番号や使用した患者の情報・投与量などを20年間にわたって管理・保管します。

 

【治験管理】 :

 

 治験(医薬品候補の臨床試験)を科学的、倫理的に実施するための管理業務を行っている大学病院などもあります。
こういうところでは、治験担当医師と治験に参加する患者のをサポートをしています。

 

【薬暦管理】 :

 

 複数の診療科にかかっていて、それぞれの処方が適切であっても一緒に使うと薬の飲み合わせが起こる可能性があります。
これを未然に防ぐため患者さんが受ける薬物療法の情報を集約・管理します。

 

【注意事項補足】 :

 

 すべての病院薬剤師が上記のいずれかの業務を行うわけではなく、病院の特性や規模、運営設備、経営状況によって変わってきます。

 

 例えば、注射剤調剤のための無菌調剤室(クリーンルーム)の運用には資金が必要なので、
無菌調剤室を保有している病院は限られます。

 

 また、規模の大きな大学病院などでは、多数の業務があります。
さらに薬剤師の人数に余力がない病院では複数の業務を兼任することもあります。

 

【病院薬剤師求人の現状】 :

 

 病院薬剤師の求人に応募する場合は、院外処方の割合が少ないことを確認するのがポイントと言う。
それは、病院薬剤師のやりがいにつながる入院患者さんの服薬指導などの病棟勤務に携わる業務量が増えて来るためです。(外来患者の処方せん業務の割合が多いと病棟勤務は少ない。)

 

 求人票に「院外処方病院」との記載があれば、外来患者さんの処方せん業務をすることがないため、病棟勤務に関与できる可能性が高くなります。(病院の病床数の約3倍が、1日の外来患者数の目安と言われている。)

 

 求人は、大学病院、国公立病院、その他の公的な病院(済生会、日本赤十字、国家公務員共済組合連合会など)、企業病院、学校系病院(私学共済など)、中規模以上の総合病院などでは、新卒採用が大半を占めるため、求人募集が非常に難しいことがあげられます。

 

 そのため、求人数はあまり多くなく、「狭き門」と言えます。一方で、医科グループの病院や医療法人の系列病院、なかでも200床以上の病院には希望者も多く、求人倍率が高いのが特徴です。

 

 ここまでの調査は、「病院薬剤師会」や「ファルマスタッフ(旧:日本調剤ファルマスタッフ)」の「病院薬剤師の働き方 > 主な業務内容」ページを中心に行いました。

病院薬剤師の安い給与の不満の現状

 ただ、病院薬剤師の安い給与の不満の現状についても、知っておいた方が良いため、あえてここに挙げておきます。

 

下記は、人気のクチコミサイト(Yahoo!知恵袋)に寄せられた相談の例です。

 

(相談例1)

 

病院薬剤師歴4年目の20代後半の者です。 製薬業界に詳しい方がいましたら、 御回答お願い致します。

 

病院薬剤師の給料はどんなに頑張っても たかがしれています。

 

私は現在100時間以上の残業があり、

 

1日に指導を行う患者も15〜20人程です。

 

仕事のできるできないのレベルではなく、物理的に

 

こなすことのできない仕事量が課せられています。

 

ただ、肉体的、精神的には非常に健康です。

 

業務量と給料が割に合わなさすぎるため、 転職を考えています。

 

別の病院へ行こうとは考えていません。

 

具体的には、企業を考えています。

 

私は博士を取得していないため、研究職は厳しいですし、

 

そういう分野にはあまり興味が ありません。

 

CROやSMOも考えましたが、やはり企業(特に外資)の開発職の給料と比べると劣ります。

 

そこで、病院で身に付けた知識を活かし、且つ、それを企業(外資)で活かせる

 

職、方法はありませんでしょうか。

 

(相談例2)

 

 貯金方法について。2年目病院薬剤師、手取り18万です。

 

実家暮らしで家に3万、 携帯代1万、
うつ病のため精神科通院代月5000円、月経困難症のためピル代月3000円程度
コンタクトレンズ代月6000円が確実に飛んでいくお金です。

 

うつ病のため食欲はなく朝ごはんと夕ご飯は食べていません。
お昼ご飯は院内食堂で300円/日、お給料から天引きされています。

 

自転車通勤のため通勤手当4100円を5000円と見なし、今年の1月からセコセコ貯めて、5万貯まりました。
また、500円玉貯金をしており現在13万ほど貯まっております。

 

そして薬剤師として就職してからずっと月に1万ずつ貯金しており現在18万円貯まっています。
それとは別になるべく貯めようと思って2年目の4月から、月5万ずつ貯金しています
(旅行や、誕生日などイベントがある月はまったく貯金できてませんが)

 

もっとうまく貯金する方法はないでしょうか?
彼とのデートはほとんど割り勘です。
旅行は頻繁にしないというか、1回しかしたことがありません。

 

毎週のデートは、たまに都内に行くか、普段はネットカフェで5時間1500円プランでゴロゴロしたあとご飯に行くなどです。
髪が超のつく縮毛なので仕方なく3ヶ月に一回、13000円の縮毛矯正をしたり
服は安いお店で買ったり、アウトレットを利用しているので決して贅沢はしていないと思うのですが。

 

 (本質問への回答者)

 

 病院薬剤師3年目の者です。手取額も似たようなものです。

 

それで、一人暮らしなので、本当に毎月カツカツです。

 

貯金はボーナスしかできませんが、そろそろこれじゃあやばいかなと頭を悩ませてますけど、無い袖は振れない((^ー゜)

 

自宅の人で、奨学金の返済がないなら、のんびり月5万も貯金すれば、

 

そんなに不安はないんじゃないですか?

 

結婚資金を貯めたいのかな?いくらくらいかかるか?

 

二人で相談して、目標額の設定をしたほうがいいよ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  「管理薬剤師の求人数が多いサイト・ランキング」へ戻る

 




薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」


 
札幌へ転職 仙台へ 東京へ 横浜へ 名古屋へ 京都へ 大阪へ 神戸へ 広島へ 福岡へ